不倫相手の情報開示請求は可能?


出会い系サイトを不倫を目的として利用している人がいます。

もし相手の奥さんもしくは旦那さんにばれた場合、裁判や示談に発展するケースが多いですよね。

しかし、ネットで知り合い出会った場合、相手の個人情報がよくわからないなんて、しょっちゅう!

相手のアドレスしか分からない人も多いのではないでしょうか?

個人情報を知る方法

そのため以下のような質問をよく受けます。

・妻が不倫をした相手が出会い系サイトにいます。しかし、本名や住所などは何もわかりません。慰謝料を請求するために出会いサイトに相手の個人情報の開示を弁護士を通して行うことは可能ですか?

・本人がこの人と不貞したと認めました。個人情報を弁護士照会で開示請求できますか?サイトの規約には法律に則った請求であれば開示するとあります。

・相手が既婚者でした!騙されたので訴えたいです。しかし個人情報がわかりません。出会い系に情報開示請求できますか?

こういった場合、請求可能かみてみましょう!

 

不倫が理由なら情報開示請求はできない

残念ながら、名誉毀損やプライバシー侵害の表現が行われた場合ではないなら、プロバイダ責任制限法による発信者情報開示請求はできません。

また、弁護士が照会請求しても、情報は開示されないです。

依頼すれば中には開示請求してくれる弁護士もいるかもしれませんが、開示に応じないでしょう。

何十万とお金をかけて何も得られないだけになる可能性が極めて高いのでおすすめしません。

 

相手に慰謝料の損害賠償を請求する方法は?

既婚者が訴えられるパターン

情報開示できないため、これは相手に聞くしかないです。

慰謝料請求の際注意してください。

もし、未婚者が既婚者であることを知らなかった場合、既婚者側が訴えられる場合もあります。

未婚者に落ち度が何もなければ、既婚者側からの慰謝料請求は無効となりますのでご注意下さい。

 

詐欺に注意

たまにサイト運営者に

『個人情報の請求が来ているがお金を払えば、開示を止めることができます』

なんて言われる人がいるみたいです。

もちろん詐欺。

個人情報請求開示は違反していたらお金に関係なく開示されます。

上記のメールが届いた方は、無視して下さい。

個人情報請求方法

あくまでも情報開示請求できるのは、自分がプライバシー侵害をされた、侮辱されたなどそういった場合です。

もしくは、裁判所からの指示で捜査する場合に限られます。

残念ながら不倫では開示できないため、出会い系で知り合った人とお付き合いや体の関係をもつと決めたのなら、万一に備えて正しい個人情報を手に入れてからにして下さいね!