安全なパパ活サイトでおすすめは?危険なサイトはこれ!

パパ活でおすすめのサイトですが、サイトを選ぶにあたり以下の2種類があります。

・パパ活専用サイト
・出会い系サイト

どちらにもメリットがありますがやはりパパ活専用サイトを利用することをおすすめします。

出会い系においてパパ活をあまりおすすめできない理由については以下で詳しく記載していますが、簡単に書くと、犯罪に遭遇しやすく、また男女とも希望する相手を見つけにくいといったデメリットがあります。

しかし出会い系をパパ活に利用するメリットも無いわけではありません。
そのため自分に最適なものを選んで頂ければと思います。

まずはパパ活専用サイトとパパ活に最適な出会い系をチェックしてみましょう!

運営者のアドバイス
さき
出会い系サイトは従量課金制であり、使いたい量だけ課金するシステムであるのに対して、パパ活サイトは男性は定額制となっています。そのため気軽に使えるという点では出会い系の方が軍配が上がります。
定額制がどうしても嫌だと言う男性の方以外は上記でも記載したようにパパ活専用サイトを利用することを推奨します。

パパ活専用サイトのおすすめはシュガダ!

パパ活するにあたり男女とも、パパ活専用サイトを選ぶか出会い系サイトを選ぶかの二択となります。

利用を最もおすすめするパパ活専用サイトを紹介していきます。

おすすめ1位シュガーダディ
SugarDaddy
シュガーダディがパパ活1位の理由
パパ活向けチェックパパ活は出会い系では禁止
パパ活向けチェック数少ない優良パパ活サイト
パパ活向けチェックエッチ目的でない
国内唯一といっていい安全にパパ活ができるサイト。
利用者男性の多くが高額収入であり、また収入の証明書を提出している人が沢山。本当のリッチな方に気軽に会いたいならここしかないと言えます。
年々会員数を順調に伸ばしており、またサクラ等もいないことから男女とも安心して利用することができます。
男女とも清潔感があり、出会い系サイトではなかなか出会えない紳士的な方が沢山。紳士的な男性、パパが欲しい女性ならここに登録すべき。
男性の月額利用料金は最も高い1ヶ月プランでも5980円とどこのパパ活サイトよりも低価格で利用できます。

シュガーダディの詳細シュガーダディ公式サイト詳細

その他のパパ活サイトのおすすめや特徴は?

その他のパパ活サイトとして以下のようなものが知られています。
有名なものもありますがシュガーダディよりも利用料金が高く、会員数も多くない、また検索機能も優れたものではなくマッチングしづらいなどデメリット面があります。
シュガーダディを避けて、あえて利用する必要はないでしょう。

ペイターズ

ペイターズの運営会社は、「ステマ」「サクラ」はもちろんのこと「特商法表示違反」も行う悪質業者です。
メディア掲載に力を入れているため会員数は多いですが、男性利用料金が1ヶ月10000円と高額。
特商法表示違反を行う会社であるため、個人情報などもちろん保護されません。
登録しないほうが後々のトラブルにあわずに済むでしょう。
登録を最もおすすめできないパパ活サイトといっても過言ではありません。
信頼できるサイトではないため話になりません。

paddy67

過去にサクラを雇っていたことがあるためこちらもダークサイトです。
東京都内を【金持ち出会える〜パディでセレブ】と爆音を流しながらトラックが走り回っています。

大変下品な広告に集まる女性ですので、もちろん他パパ活サイトよりも下品な女性が集まるイメージが強い。
利用料金も男性月額10800円と高額にも関わらず、利用者が少なく、業者のような怪しい会員も多いことから利用するメリットはないでしょう。

嘘の口コミに注意して下さい。paddy67はpaddy67の広告紹介者(ブロガー)に多額の報酬(通常の5倍)を渡すことで良好な記事を書かせようとします。
いい記事の内容を発見された場合は報酬目的の可能性がありますので騙されないようにして下さい。

東カレデート

利用料金月6500円と低額から利用できますが、こちらも会員数が決して多くありません。
またメッセージを送りたければマッチングが必要となるため、シュガーダディのようにマッチングに関係なくアプローチメールが送れるサイトに比べ出会いにつなげにくい傾向があります。
東カレデートでは追加料金を払うことでマッチング有無に関わらずメッセージを送ることが可能になりますがさらに月6500円必要であり、合計13000円の月額料金がかかります。
サクラを雇う、個人情報を悪用される等の心配はありませんが、あえて使うメリットはない印象が強いです。
東カレデートは登録するために審査制となっており、現会員と運営側から会員に値するか審査を受けます。通過率はおよそ3割ほどとなっており、顔が通過には大きく影響します。
美男美女専用サイトと言えるため、容姿に自信がある方で顔を重視する人は利用する価値があると言えます。

ラブアン

動画プロフィールであるため、写真と全然違う人が現れたということが起こりにくく、どういった相手なのか会う前から分かりやすいメリットがあります。
広告掲載に力をいれており、会員数は徐々に増えているものの、まだまだ他の大手と比べものにならないもど少ないです。にも関わらず月額男性は15000円必要となっています。
韓国でも展開されており、今後は台湾や他の国に展開を予定しており、他パパ活サイトとは一線を画するサイトと言えます。
今後の会員数の動向とそれに似合った料金になるまで利用は待った方がいいと思います。

ペイキュート

2019年7月リリースの新しいサイトのため会員数はほとんどいません。
都道府県によっては会員ゼロのところ数人しかいないところも多くあり特に地方在住の方は利用には注意しましょう。
会員数がいないにも関わらず、男性利用料金月額10000円と高く、他のパパ活専用サイトではないマッチングサイトを利用した方がよほどいい出会いがあるはずです。

ユニバース倶楽部

2011年から運営されている最も有名な交際倶楽部となります。会員数も多く、レベルがある程度高い異性を紹介してくれますが、非常にお金が必要となってきます。
男性は登録時に四つのコースから選び登録しますが、1番安いスタンダードプランでも、登録料・紹介料・交通費・デート代等払う必要があるため最低でも10万以上は1度のデートで必要となります。
しかも1番安いスタンダードプランのため特別レベルの高い女性を紹介してくれる訳でもありません。
また登録の際男女共に面接が必須となっており出向く必要があり気軽に利用できないのもデメリットと言えます。
自分でタイプの相手を探し気軽に登録して出会いたいなら交際倶楽部よりシュガーダディ等のマッチングサイトがおすすめとなります。
運営者のアドバイス
さき
パパ活サイトはシステムや会員数がそれっていないにも関わらず無駄に高い利用料金を払わせようとするサイトばかりとなっています。
そういった利益優先の利用者を舐め切ったサイトをあえて利用する必要はないでしょう!
以上のことからもパパ活専用サイトを利用するならシュガーダディ以外存在しないでしょう。

シュガーダディ

おすすめのパパ活に最適な出会い系サイト

以下は出会い系のうちでパパ活に最適なサイトとなります。

優良出会い系の多くがパパ活を援助交際と区別がつきにくいため禁止にしています。
そのため優良出会い系の内パパ活が利用できる(利用規約内で禁止にしていない)サイトはワクワクメールとJメールしかありません。
その内おすすめはワクワクメールとなります。

出会い系ランキング1位ワクワクメール
ワクワクメール
ワクワクメールがおすすめな理由

優良出会い系の内でパパ活が許可されている数少ないサイト。会員数がパパ活専用サイトよりも非常に多いが、その反面様々な目的を持った人がいるため思った人とマッチングできない場合も。しかし、「一緒にごはん」機能を使えばすぐにパパ活目的の相手を見つけることができる。パパ活専用サイトに比べ即会いに適しており、また定額制ではないため使いたい時にだけ使えるメリットがある。(R18)

ワクワクメールのLGBT詳細ワクワクメール公式サイト詳細

出会い系ではパパ活が禁止

その他パパ活ができる優良出会い系としてJメールがありますが、ワクワクメールに比べ会員数が少なく、また出会い目的以外で利用している女性も多い、さらに利用料金も高めの設定となっています

メール1通送信料金(男性)
ワクワクメール:50円
Jメール:70円

以上のことからワクワクメールの利用を推奨します。

またその他の出会い系においてはパパ活は禁止となっており、その理由として援助交際と区別がつきにくいためとなります。

出会い系でのパパ活は危険なの?

パパ活と援助交際は区別がつきにくいことから多くの出会い系サイトで禁止としています。

援助交際つまり売春は以下のように法律で禁止されています。

第三条 何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない。

また売春防止法第五条で以下のように決められています。

売春をする目的で、次の各号の一に該当する行為をした者は、六月以下の懲役又は一万円以下の罰金に処する。

一 公衆の目にふれるような方法で、人を売春の相手方となるように勧誘すること。
二 売春の相手方となるように勧誘するため、道路その他公共の場所で、人の身辺に立ちふさがり、又はつきまとうこと。
三 公衆の目にふれるような方法で客待ちをし、又は広告その他これに類似する方法により人を売春の相手方となるように誘引する

ようするに売春を、みんなが目に入るような方法で募集すると罪に問われることになります。

つまりパパ活で以下のような募集を、掲示板やプロフィールに記載すればすればアウトであり逮捕される可能性があります。

・月●万円でサポしてくれるパパ募集
・サポートして欲しい
・パパになってくれる方募集
・定期で会いたい

こういった内容は売春募集と判断され、またp活と言った隠語を使ってももちろん同様に売春募集に該当するため違法と判断されます。

パパ活するにはどうすればいいの?

出会い系では禁止されている理由は上記で説明したように援助交際と区別がつかないからです。
また公然と募集をしてしまえば売春と考えられ出会い系強制退会どころか逮捕されてしまいます。
これは利用規約でパパ活が禁止されていないワクワクメール等でももちろん該当します。
逮捕等、何かしらのトラブルを避けたければ、パパ活専門サイトを利用する方がおすすめとなります。

パパ活サイトは、援助交際ではない(体を売る売春ではない)サイトとして、国に申請しています。
そのため売春には該当しないため、公然とパパ募集できます。
またパパ活専門サイトなためわざわざサポートの詳細をプロフィールに書く必要もありません。

以上のこもから安全にパパ活をしたければ出会い系よりもパパ活専門サイトを利用することをおすすめします。

パパ活おすすめサイトまとめ

日本にあるパパ活サイトのうちおすすめはシュガーダディとなります。

シュガーダディなら今すぐパパ活を開始することができ、また本当のリッチな男性を非常に見つけやすいでしょう。

また男性も無駄に高い利用料金を必要としない点もお勧めできるポイントの1つもなります。

何よりもパパ活専用サイトであるためを堂々とパパ活をすることが可能、万が一被害にあっても運営側がしっかりサポートもしてくれる。

出会い系サイトでは最初からお金の話をするとドン引きされることばかり、また何かしらのトラブルに発展した時運営側は守ってはくれません。

以上のことからも気軽にスマートにそして安全にパパをみつけることができるシュガーダディをおすすめします。

➡ シュガーダディ

悪質サイトに騙された方!

出会い系のおすすめの選び方

たとえ優良出合い系を選んだとしても思ったように出会えない場合が多々!
原因は、自分の目的にあったサイトを選べていないからなんです。

出会い系の個々の特徴を知り、自分の目的にあった出会い系を使うことが出会いへの近道となります。
しっかり自分にマッチしたサイトを選びましょう!

出合い系サイトを比較