売春(割り切り)は犯罪?募集方法により逮捕される!


出会い系で割り切り希望でお会いされる方が多いですが、実は罪に問われることがあるのご存知ですか?

売春防止法で以下のように決められています。

第三条 何人も、売春をし、又はその相手方となつてはならない。

このように禁止がされているんですが、実はこの法律に違反した際に対する罰則はありません。

そのためただ売春(割り切り)しただけでは何の罪にも問われず逮捕もされません。

しかし、割り切りを募集する方法により罪に問われる場合があるんです。

割り切り募集方法

募集方法を間違えれば割り切りで逮捕される!

売春防止法第五条で以下のように決められています。

売春をする目的で、次の各号の一に該当する行為をした者は、六月以下の懲役又は一万円以下の罰金に処する。
一 公衆の目にふれるような方法で、人を売春の相手方となるように勧誘すること。
二 売春の相手方となるように勧誘するため、道路その他公共の場所で、人の身辺に立ちふさがり、又はつきまとうこと。
三 公衆の目にふれるような方法で客待ちをし、又は広告その他これに類似する方法により人を売春の相手方となるように誘引する

ようするに売春を、みんなが目に入るような方法で募集すると罪に問われることになります。

公然で売春募集する危険性

罪に問われる具体例

例えば以下のような場合は罰則対象なのでご注意下さい。

・掲示板やプロフィールで割り切り募集する

・パパ募集といった書き込み

出会い系サイト内でのパパ募集も売春ととられるので危険です。

パパ募集をしたい方は専門のパパ活サイトをご利用下さい。(ここなら逮捕はありません)

パパ活専門サイト

 

罪を問われない募集

逆に罪を問われない募集方法なら以下となります。

・プライベートなメッセージ(自分と相手以外みれない)で割り切りの相談をする

公での募集は危険ですので、絶対にしないようにしましょう!

出会い系サイトを利用すると、よく掲示板やプロフィールに割り切り募集をしているものが見受けられますがもちろん逮捕されます。

まぁ書き込んでいるのは、悪質業者かただの無知かのどちらかです。

絶対に書かないようにしましょう。

またそういった書き込みに対して、応じる事も捜査対象となります。

関わらないようにしてください。