出会い系、未成年との援助交際、未成年とは知らず!逮捕される?


非常に多い質問の一つに未成年者(18歳未満)との援助交際があります。

未成年と知りながら援助交際を行った場合はもちろんのこと、未成年であることを知らなかった場合でも罪に問われます。

問われる罪は以下となります。

・児童売春の罪

・青少年保護育成条例違反の罪

※青少年保護育成条例に関しては内容が地域により異なります。住んでいる地域でご確認下さい。

知らなかったじゃ許されない!?青少年保護育成条例違反

未成年者との割り切りの危険性

出会い系サイトは18歳未満は利用ができません。そのため、出会い系サイト内で知り合った女性は18歳以上だと考えてしまいがちですが注意が必要です。

出会い系サイトを利用するには免許書等で登録が必要でありますが、顔写真を伏せること、名前を伏せることが許されています。

他人の免許書等で登録することが可能であり、18歳未満も利用しようと思えば簡単に利用できます。

青少年保護育成条例は厳しく、知らなかったでは許されません。相手が18歳以上だと嘘をついていても、責任は免れません。

そのため必ず免許書等の公的な証明書を確認をするようにしてください。

公的証明書が偽装されていた場合は、見抜くことが困難であり、騙されても仕方がないと考えられ、責任を免れることができます。

しっかり確認をした、確認の意思があったということが重要です。

必ず証明書の確認!忘れず行いましょう!

悪質出会い系サイトで多い、未成年トラップ

悪質出会い系サイトでは、よく未成年のトラップがあります。

『未成年だぞ!警察に言われたくなければ、示談金をもってこい』

と脅される場合があります。

犯罪、逮捕の可能性

脅された場合ですが、だからといってお金を渡す必要はありません

本当に未成年であった場合は、逮捕覚悟で警察に相談するのか、もしくは静観(無視)するしかありません。

未成年ではないと確信できるのでしたら、無視して問題ないです。

悩まれている方は、出会い系サイト専門の弁護士にご相談下さい。

出会い系無料相談

安全に出会い系を利用するために

悪質出会い系サイトでは、援助交際目的で利用者に近づき、高額な金銭を要求してくるパターンが非常に多いです。

優良出会い系サイトを利用するようにしてください。

PCMAX(R18)ですと、援助交際の取り締まりも厳しく、悪質業者の排除にも力をいれています。

安全に出会いを求めるためにも上記のようなサイトを利用しましょう。